YOUTUBE

Youtube広告

Youtube動画広告(Trueview)におけるこんな悩みはございませんか?

「Youtube広告で直接のコンバージョンが全く入らない」
「Youtube広告用の動画を制作するノウハウやリソースが不足している」
「Youtube広告は過去に実施してみたが、うまくいかなかった」
「広告代理店に委託しているが、対応に不満を抱えている」
「Youtube広告はブランディングのイメージが強く、CVが取れる想像ができない」






Youtube動画広告(Trueview)とは

世界最大の動画共有サービスであるYoutubeに、動画広告を配信できるメニューです。
動画が始まる前や、途中などに動画形式の広告を流すことができるので、 Youtubeを利用している数多くのユーザーにアプローチが可能です。



Youtube動画広告(Trueview)のメリット・デメリット
メリット1.通常のディスプレイ広告に比べ伝えられる情報量が多い

通常のディスプレイ広告では画像内に限られた文字数しか入ることができません。
一方動画広告であれば、情報量を格段に多くすることができます。
映像・文字・音声の3つを有効活用することで、広告主様のサービスについて、ユーザーにしっかりと認知させることが可能です。




メリット2.ブランディングの機能だけではない

動画広告と聞くと、テレビCMのようにブランディングの要素が強く思われがちですが、 Youtube広告はそれだけではありません。
Youtube広告の1メニューである、「Trueviewアクション広告」は、コンバージョンの促進や、見込顧客の増加を目的として動画配信をすることができます。

目的に合ったソリューションを使うことで、成果を上げることが可能です。



メリット3.実施のハードルが低い

Youtube広告は「YouTube Video Builders」という、ロゴ・静止画像・テキストだけで、動画を作ることができる機能がリリースされました。
(2020年5月時点ではβ版としてのリリース)
それにより、動画制作にリソースとコストを費やさず、実施をすることが可能となります。




メリット4.配信結果が数値で可視化される

広告が表示された回数、クリックされた回数、そこから成果に繋がった回数など、数値で確認することが可能です。



Youtube広告に関するご相談はこちら >>



デメリット1.即座にスキップされてユーザーの目に届かないことも

Youtube広告は最初の数秒でいかにユーザーの目を引く動画が作れるかが肝になります。
作り方を間違うと、ユーザーは動画スキップもしくは動画を見ずにスルーしてしまうこともあります。
印象に残す、アクションを促すためには動画の内容が最重要です。




デメリット2.分析にノウハウと時間を要する

動画広告は、クリック単価やコンバージョン単価などの指標に加え、 平均視聴時間、視聴率などの要素も加わります。

また、動画広告はすぐにアクションせず、動画視聴後に検索してサイトへ流入するユーザーも少なくないため、アトリビューションの観点でも分析する必要があります。
そのため、通常のディスプレイ広告と比較すると分析に時間を要します。




ブレイク・フィールド社の
Youtube広告運用の強み

ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。
運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。

また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。


リスティング広告のメリット

弊社サービスに関する
お問い合わせ

お電話によるお問い合わせ
03-3512-5251