LINE

LINE広告

LINE広告におけるこんな悩みはございませんか?

「LINE広告で目標のKPIをクリアできない」
「LINE広告のクリエイティブで勝ちパターンが見つけられていない」
「広告代理店に委託しているが、対応に不満を抱えている」
「LINE広告はターゲティングが様々ありすぎて、どれを活用するのが効果的か分からない」
「競合他社に戦略負けしている気がする・・・」






LINE広告とは

LINE広告(旧:LINE Ads Platform)は、LINEおよび LINE関連サービスを対象に、広告配信ができるメニューです。
更に、「LINE Ads Platform for Publishers」という、月間アクティブユーザー4,600万人の外部アプリメディアにも広告配信が可能です。



LINE広告のメリット・デメリット
メリット1.アクティブユーザー数が群を抜いて多いLINEに広告を出せる

その他のSNSと比較しても圧倒的にアクティブユーザーの多いLINEに広告を掲載することで、 ターゲットとなるユーザーにしっかりとアプローチすることができます。

広告掲載面の一部であるLINE NEWSは月間アクティブユーザー数約6,300万人以上※1
LINEタイムラインは月間アクティブユーザー数6,800万人以上※2を誇ります。
そのLINEに広告を掲載することで、多くのユーザーの目に触れる機会を作ることができます。

※1:2018年6月時点
※2:2018年9月時点




メリット2.ターゲティング手法が豊富

リターゲティング配信はもちろん、地域指定の配信や、CVユーザーに類似したユーザーへの配信など、ターゲティング手法が多彩なこともLINE広告の特徴です。

また、LINE@のお友達や、ブロックしているユーザーをターゲティングしたり、ターゲットから除外することも可能です。



メリット3.リターゲティングに頼らない運用

ディスプレイ広告で比較的効果の出やすいターゲティングといえば、一度広告主様のサイトに訪れたユーザーを対象とするリターゲティングです。

ただし、LINE広告の場合はリターゲティング以外のターゲティングで成果が出やすい傾向にあります。
LINE広告に出稿中の企業様の大半が、デモグラフィックデータ配信や、類似配信を中心に成果を上げております。




メリット4.配信結果が数値で可視化される

広告が表示された回数、クリックされた回数、そこから成果に繋がった回数など、数値で確認することが可能です。



LINE広告に関するご相談はこちら >>



デメリット1.クリエイティブの疲弊が早い

LINE広告はフリークエンシーの設定をすることができないため、 何度も同じ広告が表示される可能性があります。
※ユーザが広告に接触した頻度のこと。

そのため、クリエイティブは数週間で摩耗し、CTRやCVRが悪化するケースも往々にしてあります。
約2週間~1か月のスパンでクリエイティブを精査・追加する必要があるため、 画像制作や入稿の手間がかかることがデメリットとなります。




デメリット2.機能のアップデートが目まぐるしい

LINE広告では、最新機能や、推奨運用方法が日々アップデートされます。
その波に乗れないと、競合他社に差をつけられ、成果が落ちてしまう可能性もあります。




ブレイク・フィールド社の
LINE広告運用の強み

ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。
運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。

また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。


リスティング広告のメリット

弊社サービスに関する
お問い合わせ

お電話によるお問い合わせ
03-3512-5251