YDN

Yahoo!ディスプレイ広告(運用型)(旧:YDN)

Yahoo!ディスプレイ広告(運用型)(旧:YDN)
におけるこんな悩みはございませんか?

「目標のKPIをクリアできない」
「クリエイティブを制作するノウハウやリソースが不足している」
「リターゲティング配信以外で成果が上がらない」
「運用を広告代理店に委託しているが、対応に不満を抱えている」






Yahoo!ディスプレイ広告(運用型)(旧:YDN)とは

Yahoo!ディスプレイ広告(運用型)(旧:YDN)とは、Yahoo!のトップページやYahoo!ニュース、外部のニュースサイト、ブログなどの提携メディアにディスプレイ広告を配信できるサービスです。



Yahoo!ディスプレイ広告(旧:YDN)のメリット・デメリット
メリット1.配信在庫が多く、独自の配信面も保有

配信面はYahoo!ニュースやYahoo!天気、Yahoo!ファイナンスなど、Yahoo!が提供しているサイトが中心となりますが、 外部のニュースサイトやブログ、まとめサイトなどにも配信枠を保有しているため、配信在庫が非常に多いことが特徴となります。

中でもYahoo!JAPANのトップページやYahoo!ニュースなどは利用者数が非常に多いサイトです。
YDNはそこに広告配信をできる数少ない媒体のひとつであり、そのため高いパフォーマンスが期待できます。




メリット2.クリック単価が比較的安い

前述の通り、配信在庫を多数保有しているため、リスティング広告と比較すると、 低いクリック単価でサイトに誘導することができます。



メリット3.ターゲティング手法が多彩

リターゲティング配信以外にも、サーチターゲティングと呼ばれる、ユーザーの検索キーワードに基づくターゲティングもございます。
リスティングの場合、競合他社の出稿状況でクリック単価が高騰するケースも多いですが、 Yahoo!ディスプレイ広告(運用型)(旧:YDN)の場合配信在庫が多いため、低いクリック単価でサイトへ誘導することができます。

それ以外にも性別や年齢、興味関心、プレースメントなど数多くのターゲティングが用意されています。




メリット4.配信結果が数値で可視化される

広告が表示された回数、クリックされた回数、そこから成果に繋がった回数など、数値で確認することが可能です。



ブレイク・フィールド社へのご相談はこちら >>



デメリット1.日々のチューニングに手間がかかる

Yahoo!ディスプレイ広告(運用型)(旧:YDN)のクリエイティブは、1枚の画像、タイトル、説明文から形成されるレスポンシブ広告と呼ばれるフォーマットが主流となっています。

そのため、従来のバナー広告やテキスト広告と違い、 クリエイティブ検証軸が、テキスト・タイトル・説明文の組み合わせの評価になるため、非常に複雑化します。

また、配信枠が多数存在するため、成果の出ない配信面はこまめに除外するなど、日々のチューニングには時間が必要です。




デメリット2.ターゲティング手法が多いためノウハウが必要

ターゲティング手法が多いのはメリットでもありますが、 Yahoo!ディスプレイ広告(運用型)(旧:YDN)で成果を上げるためにはターゲティング手法を理解し、正しい配信設計を組むためのノウハウが必要です。

広告主様のサービス業種、ターゲット層、目的に応じて、 正しいターゲティング設定を選択することが、パフォーマンスを最大化するカギとなります。




ブレイク・フィールド社の
強み

ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。
運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。

また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。


リスティング広告のメリット

弊社サービスに関する
お問い合わせ

お電話によるお問い合わせ
03-3512-5251