INSTAGRAM

Instagram広告

Instagram広告におけるこんな悩みはございませんか?

「Instagram広告で目標のKPIをクリアできない」
「Facebook広告と同様のクリエイティブを使用しているがイマイチ効果がでない」
「リターゲティング以外のターゲティングが上手く活用でいていない」
「Instagram広告の今の運用方法が正しいのか分からない」
「Instagram広告はクリエイティブの疲弊が早いが、画像制作が追いついていない」
「広告代理店に委託しているが、対応に不満を抱えている」






Instagram広告とは

Facebookが提供する写真共有を目的としたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)であるInstagram。
そのInstagramのニュースフィードやストーリーズに広告を掲載できるのがInstagram広告です。



Instagram広告のメリット・デメリット
メリット1.幅広いユーザーにアプローチができる

日本国内でも月間3,300万人のアクティブユーザーが存在しているInstagram。 ※2019年3月時点
そのInstagramに配信面を持つInstagram広告は、国内大多数のユーザーにアプローチすることができます。
また、Instagram上で見かけたサイト等で後日、商品確認や購入をするユーザーも多く存在します。

そのInstagramに広告を掲載することで、多くのユーザーの目に触れる機会を作ることができます。




メリット2.ターゲティングの精度が高い

Instagramは、Facebookアカウントでログインすることもできるため、 実名が登録されているユーザーも多く存在します。
そのため、登録データの信憑性が高く、ターゲティング精度が非常に高いことが特徴です。

リターゲティング配信以外にも、興味関心を指定した配信や、 CVユーザーに類似したユーザーへ配信する手法など、効果的なターゲティングが複数存在ます。



メリット3.多彩な広告フォーマット

通常の静止画をはじめとして、動画、カルーセル形式、コレクション広告など、多くの広告フォーマットが存在します。
マーケティングの目的に合ったフォーマットを選択し、効果的なアプローチをすることができます。




メリット4.配信結果が数値で可視化される

広告が表示された回数、クリックされた回数、そこから成果に繋がった回数など、数値で確認することが可能です。



Instagram広告に関するご相談はこちら >>



デメリット1.クリエイティブの疲弊が早い

Instagram広告はユーザーの目に触れる機会が多い反面、クリエイティブの疲弊が早いのも特徴です。
通常、2週間~1か月に1回は差し替えが必要となります。

また、ニュースフィード・ストーリーズなど広告が掲載される枠によって、 クリエイティブの勝ちパターンが異なるため、別々に検証を進める必要があります。
もちろんFacebook広告など他のSNS広告とも特色が異なるので、 Instagram広告ならではの勝ちパターンを探ることが重要となります。




デメリット2.アップデートが目まぐるしい

Instagram広告では最新機能のアップデートや推奨運用方法が日々変化していくため、 情報をキャッチアップし、即座に反映させていく必要があります。

いち早く機能を使いこなせるかが、パフォーマンス最大化のカギになります。




ブレイク・フィールド社の

ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。
運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。

また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。


リスティング広告のメリット

弊社サービスに関する
お問い合わせ

お電話によるお問い合わせ
03-3512-5251