TIEUP

タイアップ広告

タイアップ広告におけるこんな悩みはございませんか?

「タイアップ広告の費用対効果が合わない」
「どのメディアで掲載すれば良いか分からない」
「タイアップ広告は数百万円掛かるイメージのため、実施のハードルが高い」
「タイアップ広告の記事クオリティが心配」






タイアップ広告とは

広告主様のサービス理解が深まり認知拡大するような記事を制作し、提携メディアに掲載する広告手法です。



タイアップ広告のメリット・デメリット
メリット1.第三者目線で説得力が増す

タイアップ広告の記事は第三者目線で書かれるため、説得力のある内容になります。
広告主様サービスの魅力やメリットが自然な形で発信できるのが、タイアップ広告の特徴となります。




メリット2.特定のターゲットにリーチすることが可能

自社サービスにマッチしたユーザー層を持つタイアップ先を選定することで、 狙ったユーザーにアプローチすることが可能です。
また、ランディングページへ直接遷移させず、記事を読ませることで、 更に商品理解が深まります。



メリット3.広告色が薄い

タイアップ先メディアの記事に馴染んで記事広告を掲載できるため、 他の広告手法と比較して広告色が薄く、自然な形でサービスの認知に繋げられます。



メリット4.配信結果が数値で可視化される

広告が表示された回数、クリックされた回数、そこから成果に繋がった回数など、数値で確認することが可能です。



タイアップ広告に関するご相談はこちら >>



デメリット1.メディアによって記事のクオリティにムラがある

タイアップ広告で気になるのは、記事のクオリティです。
多くの場合、記事のクオリティはメディアが抱えているライターの質に依存します。

時には、ライターと上手く連携が取れず、広告主様が意図しない内容の記事になってしまうこともあります。




デメリット2.タイアップ広告の役割を理解する必要がある

タイアップ広告はリスティング広告やリターゲティング広告とは異なるKPIを設ける必要があります。
もちろん、既にサービスを検討しているユーザーの後押しをする役割もありますが、記事を読むユーザーの中にそういった方は多くありません。
タイアップ広告の主な役割は、サービス認知度、理解度を高め、検討のレベルまで引き上げるものとなります。

そのため、広告評価はアトリビューションの観点が重要です。
「タイアップ広告での直接CV数をKPIとしたい」「リスティング広告同様のCPAで獲得したい」 といったご要望には添えない可能性が高いです。




ブレイク・フィールド社の
タイアップ広告運用の強み

ブレイク・フィールド社が運営するファイナンシャルフィールドは学費、相続、ローン、投資、保険など、お金にまつわる疑問や、悩みを解りやすく解説しております。
また、掲載記事はファイナンシャルプランナー、弁護士、公認会計士、税理士などのプロが執筆しております。

タイアップ広告を含む多くの広告メニューも展開しておりますので、 広告主様に合った広告手法をご提案させていただきます。
掲載完了後も、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。

また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。


リスティング広告のメリット

弊社サービスに関する
お問い合わせ

お電話によるお問い合わせ
03-3512-5251