SNS

SNS広告

SNS広告におけるこんなお悩みはございませんか?

「SNS広告で目標のKPIをクリアできない」
「SNSのファンやフォロワーが伸び悩んでいる」
「広告代理店に委託しているが、対応に不満を抱えている」
「SNS広告はターゲティングが様々ありすぎて、どれを活用するのが効果的か分からない」
「SNS広告の独学での運用に限界を感じている」
「日々のチューニングに時間がかかりすぎる」
「SNS広告で競合他社に戦略負けしている気がする・・・」






SNS広告とは

ソーシャルメディアとは、Facebook、Twitter、LINEなどWeb上で提供されるサービスのうち、エンドユーザーの参加によって成立し、エンドユーザー間のコミュニケーションをサービスの主要価値として提供するサービスの総称です。
ソーシャル広告の特徴は、ソーシャルグラフと呼ばれるソーシャルメディアネットワーク上でのつながりを利用して行います。

商品やサービスを紹介する場合、企業が直接紹介をするより、友達から紹介されたほうが好印象になります。
簡単に言うとソーシャルメディアを使い、口コミのような効果が得られるわけです。



SNS広告のメリット・デメリット
メリット1.媒体滞在時間が長く、広告接触も多くなるため成果が出やすい

昨今、若年層を筆頭に、1日の中でSNSに接触する時間は大変長くなっております。
その中で広告に何回も接触することで、自社サービスの認知拡大にも繋がります。

また、利用シーンとして、暇な時間や隙間時間にSNSを私用することも多いため、 ユーザーに広告を見てもらえる可能性が高まります。




メリット2.多彩なターゲティング

ユーザーの性別や年齢、在住の地域など基本的な属性情報はもちろん、 興味関心や自社サイトへの来訪の有無など様々なターゲティング方法を活用できます。
中でもFacebook広告は実名登録制のため、登録データの信憑性が高く、 ターゲティング精度が非常に高いです。



メリット3.ユーザーの「シェア」による拡散

ユーザー自身が拡散してくれる可能性もあるため、コストが比較的安価で、宣伝能力も高いといえます。
また、通常の広告ではできない、ファンを増やすことが可能です。




メリット4.配信結果が数値で可視化される

広告が表示された回数、クリックされた回数、そこから成果に繋がった回数など、数値で確認することが可能です。



SNS広告に関するご相談はこちら >>


デメリット1.日々のチューニングが大変

成果を上げるためには、日々行うべきことが数多くあります。
特にSNS広告はユーザーの接触頻度が高い文、クリエイティブの疲弊も早いです。
2週間~1か月に1回は、検証結果を元に新しいクリエイティブを投入していく必要があります。
運用広告はメリットも多い反面、手間と労力が必要です。




デメリット2.機能のアップデートが目まぐるしく、対応が遅れると競合他社に差をつけられることも

SNS広告は、最新機能や、推奨運用方法が日々アップデートされています。
その波に乗れないと、競合他社に差をつけられ、成果が落ちてしまう可能性もあります。




ブレイク・フィールド社の
SNS広告運用の強み

ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。
運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。

また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。


リスティング広告のメリット

弊社サービスに関する
お問い合わせ

お電話によるお問い合わせ
03-3512-5251