VIDEO

動画広告

動画広告におけるこんなお悩みはございませんか?

「動画広告で目標のKPIをクリアできない」
「動画を制作するノウハウやリソースが不足している」
「動画広告を過去に実施してみたが、うまくいかなかった」
「広告代理店に委託しているが、対応に不満を抱えている」
「動画広告はブランディングのイメージが強く、CVが取れる想像ができない」
「動画広告の独学での運用に限界を感じている」






動画広告とは

ここ数年のスマートフォンの普及、ソーシャルメディアの拡大により、動画コンテンツを使用したプロモーションが注目を集めています。
認知目的でTVCMを放映してきた企業も、最近ではYoutube、Facebookなどにも動画を流すようになり、動画広告がインターネット広告の主要メニューの1つになってきていることがうかがえます。



動画広告のメリット・デメリット
メリット1.バナー広告に比べ伝えられる情報量が多い

バナーでは限られた文字数しか入れることができないですが、 一方動画は情報量が格段に多くすることができます。
映像・文字・音声の3つを有効活用することで、貴社サービスの特徴を、ユーザーにしっかりと認知させることが可能です。




メリット2.バナー広告に比べてCTR(クリック率)が高い傾向にある

動きがあるため、視認性が高く、ユーザーの目に止まる可能性が高まります。
その結果、興味を持ったユーザーがクリックをしてくれる確率が上がります。



メリット3.印象に残しやすい

商品の実際の使用風景を映した動画や、画像をつなぎ合わせたスライドショー形式など様々ですが、
バナー広告と比較して動きがあるので、ユーザーの目をひきつけ、 貴社サービスを印象付けることができます。




メリット4.配信結果が数値で可視化される

広告が表示された回数、クリックされた回数、そこから成果に繋がった回数など、数値で確認することが可能です。



動画広告に関するご相談はこちら >>



デメリット1.動画制作には時間とノウハウを要する

動画広告は、バナー広告に比べ、短い時間でも伝えられる情報量が多く、また動きがある分、ユーザーの気を引きやすく、興味を持ってもらえます。
その反面、作成時間、コストはバナー広告よりも負担が大きくなります。




デメリット2.動画によってはスキップや即時にスクロールされてユーザーの目に届かないことも

Youtube、Facebookなど配信媒体に合わせた動画作りが肝になります。
作り方を間違うと、ユーザーはスキップや即時にスクロールをしてしまい、 成果が出ずに配信費用だけがかさんでしまうことも。
各媒体の特徴や勝ちパターンをしっかり捉えてから動画制作に取り掛かる必要があります。




ブレイク・フィールド社の
動画広告運用の強み

ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。
運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。

また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。


リスティング広告のメリット

弊社サービスに関する
お問い合わせ

お電話によるお問い合わせ
03-3512-5251