DYNAMIC

ダイナミック広告

ダイナミック広告におけるこんな悩みはございませんか?

「ダイナミック広告で目標のKPIをクリアできない」
「ダイナミック広告の効果を改善するために何をすれば良いのか分からない」
「データフィードの最適化ができているのか分からない」
「どのダイナミック広告の媒体を実施すれば良いのかわからない」
「広告代理店に委託しているが、対応に不満を抱えている」






ダイナミック広告とは

ダイナミック広告は、基本的にはリターゲティング配信を中心とした広告手法です。
ユーザーが過去閲覧した商品や、その関連商品が広告として自動生成されます。
つまり、全員に同じ広告が配信されるわけではなく、ユーザー一人一人にカスタマイズされた広告が配信されるわけです。



ダイナミック広告のメリット・デメリット
メリット1.通常のディスプレイ広告と比較するとCTRやCVRが高くなる傾向にある

ダイナミック広告は、ユーザーの閲覧情報や興味関心に合わせたクリエイティブを配信できるため、 通常のディスプレイ広告でリターゲティングをするよりCTRやCVRが高くなる傾向にあります。

また、1つの広告で複数の商品を紹介できる部分も強みとなります。
※CVR:広告がクリックされた数のうち、CVに至った割合。




メリット2.クリエイティブの準備が必要ない

ダイナミック広告はデータフィードと呼ばれる商品データ一覧を準備することで、 広告が自動生成される仕組みとなります。
そのため、通常のディスプレイ広告で必要とする画像クリエイティブや、テキストを準備する必要がなく、クリエイティブ制作の工数削減が可能です。

また、複数の広告媒体で展開する場合でも、データフィードは共通のものを活用できるケースも多いため、通常ディスプレイ広告のように媒体に合わせたクリエイティブ用意する必要もありません。



メリット3.ユーザーの目に留まりやすい

多くのダイナミック広告は、静止画ではなく、点滅・枠が動くなど動きがあります。
そのため、静止画と比較するとユーザーの目に留まりやすく、クリックを誘発することができます。




メリット4.配信結果が数値で可視化される

広告が表示された回数、クリックされた回数、そこから成果に繋がった回数など、数値で確認することが可能です。



ダイナミック広告に関するご相談はこちら >>



デメリット1.配信準備に時間を要する

ダイナミック広告はデータフィードと呼ばれる商品データ一覧の準備が必要です。
また、サイトに設置するタグも複雑で、設置にはリソースとリテラシーが必要不可欠です。
特にタグ設置に手間取る企業様は多く、配信開始までに数か月かかってしまうケースも少なくありません。




デメリット2.運用の難易度が高い

通常のディスプレイ広告やリスティング広告では、 クリエイティブ検証、KW精査、ターゲティングの検証など、効果改善するためのポイントが比較的明確です。

一方ダイナミック広告は運用者が設定できる項目は少なく、 広告媒体に寄っては入札CPCのみ設定し、後は機械学習に任せるのみ、ということもあります。

データフィードの最適化などダイナミック広告ならではの運用スキルが必要となります。




ブレイク・フィールド社の
ダイナミック広告運用の強み

ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。
運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。

また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。


リスティング広告のメリット

弊社サービスに関する
お問い合わせ

お電話によるお問い合わせ
03-3512-5251