BLOG

ブログ

お役立ち

2021.12.07

Yahoo!ディスプレイ広告 キャンペーン単位での最適化したいコンバージョン設定が可能に

Yahoo!ディスプレイ広告(YDA)において、2021年9月1日より、キャンペーン単位での最適化したいコンバージョン設定が可能になりました。

従来のディスプレイ広告との変更点もいくつかありますので、ポイントを押さえておきましょう。

 

コンバージョンの設定や選択の何が変わるのか

最適化したいコンバージョン設定をキャンペーン単位で行えるようになることで、何が変わるのかといえば、主に下記の3点だと考えてよいでしょう。

 

キャンペーン単位で選択できるようになる

最適化したいコンバージョン設定をキャンペーン単位で行えるようになることで変わる点の1つとして、より細かい広告戦略が可能になります。

これまではディスプレイ広告を出稿する際に、いくつかのキャンペーンを出稿するとしても、アカウント単位のCV最適運用でした。

しかし今後はキャンペーン単位でのコンバージョン設定が可能になることから、より細かい数値設定を行えるので、細かい広告戦略が可能になることでしょう。

 

複数の設定をまとめるグループ作成機能が提供される

複数のコンバージョン地点を、同一のキャンペーンにまとめる「コンバージョングループ」の設定もございます。

最適化に加味したいコンバージョン地点が複数ある場合は、「コンバージョングループ」の設定を活用しましょう。

 

自動入札設定時のCVR予測など最適化の精度向上が見込める

これまではアカウント単位のコンバージョン最適化であったため、本来、最適化に加味したくないコンバージョン地点も含まれてしまい、最適化の精度が落ちてしまう部分がございました。

しかし、今回のアップデートにより、キャンペーン単位で最適化に使用するコンバージョン設定を選択いただくことで、自動入札の精度向上が見込まれます。

 

キャンペーン単位のコンバージョン選択ケース毎のコンバージョン計測有無

パフォーマンスデータ「コンバージョン数」への計上有無は、コンバージョン設定よりも、キャンペーン単位のコンバージョン設定が優先となります。

 

そのため、コンバージョン設定で「コンバージョン列に含めない」としている場合でも、キャンペーン単位でコンバージョンの選択をしている場合はコンバージョン列に計上され、最適化にも利用されますので、注意致しましょう。

 

まとめ

コンバージョン設定の選択機能は、Yahoo!ディスプレイ広告(YDA)の柔軟な運用とパフォーマンス向上に繋がる機能です。

このアップデート以降は、キャンペーンの目的に合わせて、適切なコンバージョン地点を設定してみましょう。

 

 
 
 
ブレイク・フィールド社の強み
ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。

運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。
また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。

メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。

リスティング広告のメリット

BLOG TOP

資料請求・お問い合わせ