BLOG

ブログ

お役立ち

2021.08.11

Instagram、リール広告の提供開始を発表

 

 

10代後半から20代前半の女性層から絶大な支持を集めているSNS、Instagramにおいて、リール広告の提供が発表されました。リール機能そのものも、Instagramに於いては比較的新しい機能ですが、リール広告が提供されることで、Instagramにて展開する広告展開にも変化がみられると予想されています。

 

Instagramのリール機能とメリット

Instagramが提供開始を発表したリール広告について、どのような機能なのかやメリットをご紹介しましょう。

 

軽い気持ちで閲覧できる動画

リール動画はInstagramにて2020年8月5日にリリースされた機能です。それまでもInstagramでは撮影した動画を投稿したり、あるいは24時間で消えるストーリー機能など、動画を投稿することはできました。

しかしリール動画はより手軽に動画を投稿できるだけはなく、見つけてもらいやすい点がメリットです。

検索ページにアクセスすると、リール動画はサムネイルでも静止画ではなく、動いています。つまり、閲覧者に強くアピールできるものです。

そのリール動画に広告機能が搭載されるようになるのです。

 

 

通常の動画よりも画面が大きいので広告効果が期待できる

スマートフォンから気軽に動画を投稿できる時代です。動画の注目度が高まっていることから、リール動画もまた、Instagramで人気を集めている機能です。著名人がリール動画を配信することも珍しくないなど、リール動画はInstagramの利用者に馴染んでいますので、Instagramのコアターゲットへのアプローチに於いても高い効果が期待できます。

 

いいねやコメントによって閲覧者とのコミュニケーションが可能

リール広告は他のSNSの動画広告同様、いいねをつけてもらったり、コメントを書いてもらうことができますので、閲覧者とのコミュニケーションが可能です。客観的な意見をもらうことでより良い商品開発・提供が可能になったり、閲覧者とのコミュニケーションを行うことで、サービスだけではなく企業に親近感を抱いてもらうこともできます。

 

Instagramのリール広告に向いているジャンル

 

他の広告同様、リール広告にも向き・不向きがあります。そこで、リール広告が向いているジャンルをいくつかご紹介しましょう。

 

細かい説明ではなく直感的な印象が大切なジャンル

リール広告は他の動画広告同様、細かい説明よりも直感的な宣伝効果が見込めるものです。そのため、文章等で細かいスペックを説明しなければならない商品・サービスよりも、数秒見ただけで良さ・魅力・メリットを伝えられるようなジャンルが向いています。

 

CTAと体験的価値が連動している

広告を見てもらうだけではなく、その後すぐにアクションしてもらいたいサービス・商品もリール広告と相性が良いです。特に体験的価値をもたあすものであれば、リール広告を見て直感的に商品・サービスを購入してもらえる可能性も高まります。配置を手動で設定している場合には、リールの配置を忘れずに設定いただくことをお勧めします。     

 

まとめ

リール広告で効果的な広告展開を

配置にInstagramのリールが追加されたことで、アプローチできるユーザーがさらに増加しました。また、リール面は、他の配信面と特徴が異なりますので、アセットカスタマイズ機能などと活用し、配置にあったクリエイティブを設定することで、広告効果が高まると思います。

 

 

 

 
 
ブレイク・フィールド社の強み
ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。
運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。
また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。

リスティング広告のメリット

BLOG TOP

資料請求・お問い合わせ