BLOG

ブログ

お役立ち

2021.07.07

Googleリスティング広告  変化の要因の確認について



Googleリスティング広告の機能の一つに、変化の要因の確認があります。キャンペーンと広告グループの掲載結果の変化について、なぜ変化したのか、その理由を確認できます。サイト運営において、常にデータを見つめている人も多いかと思いますが、なぜか急に変化が見られるものの、その理由が分からないケースもあるのではないでしょうか。そのような時に頼りになるのが変化の要因の確認です。実際にどのように活用するのかや、活用するメリットについてをみてみるとしましょう。

変化の要因の確認方法

・期間から設定 まずは期間を設定します。管理画面上にて、同じ長さの比較表示が可能で、図にて表示されるので直感的にどのような形で変化しているかを把握できます。ちなみに期間は画面右上に表示されていますので、こちらの部分から比較対象期間の設定が可能です。操作そのものは決して特別な知識を必要とするものではなく、簡単が設定が可能です。

・変化の要因を見るをクリックしてチェックする
表示されているページの青字にカーソルを合わせることで、変化の要因を見ることが可能です。変化の割合をチェックできるだけではなく、変更後のキーワードでのクリック数や他のキーワードでのクリック数の把握が可能です。こちらも特別な操作を必要とするものではなく、簡単な操作での把握を可能としています。

変化の要因として考える理由とは

変化の要因で確認できる理由はいくつかありますが、確認することで表示されるクリック率の変化の要因をご紹介します。

キャンペーンの費用が減少しているから
   

自社の広告よりも上位に表示されている広告があることで、数字が変化していることを意味します。Googleのリスティング広告は費用によって表示位置が変わります。自社よりも多額のキャンペーン費用を出している企業があればそちらの方が上位に表示されますので、上位掲載企業が広告費用を上乗せしたか、あるいは自社が広告費用を削るなどして費用が減少し、結果、他社の方が上位に表示されることで要因が変化したことが考えられます。

広告グループのクリック数が増えている
   

キーワードを変更することでクリック数が変化している可能性が高いです。リスティング広告はキーワードによって表示が変わります。ターゲットを絞ったキーワード選定が行えるのか否かは、クリック数に影響が出る部分です。増えているのであればキーワード変更が効果的だったことを意味しますし、減少しているのであれば元のキーワードの方が訴求できていたことになります。

キャンペーンの表示回数が減少している
   

表示回数が減少している理由も表示されます。この要因はキーワードの追加や削除が大きいです。キーワードの選定は重要です。選んだキーワードが顧客の想定するものでなければ表示されません。特に除外キーワードリストを追加してしまうと、訴求力は減少しますので、結果としてクリック数が減少することになります。

    
変化の要因を確認するメリット
 

変化の要因を確認することで得られるメリットがあります。どのようなメリットがあるのかを知れば、変化の要因の確認が重要なものであることに気付かされるはずです。

理由を知ることで納得できる
   

変化の要因を確認することで、なぜ変化したのか、その理由を知ることができるので、変化に対して納得できるのではないでしょうか。それまでの数値と比較して大きな変化が生じた場合、何らかの理由があります。しかし、理由が分からなければヤキモキするだけでしかありません。何をすればよいのか、何が悪かったのかさえ分かりませんが、理由を知ることで、決してミスではないと納得できることでしょう。その納得が、次の対策への一歩となるでしょう。

なぜ変化したのかを知ることで対応が可能
   

変化の要因を確認することで、対応が可能です。例えばキーワードを変えたことでクリック数が減少しているのであれば、戻せばよいのです。費用を抑えたことでクリック数が減少しているのであれば、費用を上乗せすればクリック数は戻ることでしょう。こおように、理由を知ることで、理由に基いた対策が可能です。理由が分からなければ、何をすべきなのかを定めることが難しいです。ともすれば、対策したことでさらに悪化してしまう可能性もありますが、理由に基いた対策であれば、改善が期待できるはずです。

効率の良い分析が可能
   

効率の良い対策も可能になります。数値が変化した際、特に減少した場合には対策が必要ですが、変化の要因の確認をこまめにチェックすることで、何をするとどう変化するのか、ある程度見えてくることでしょう。結果、施策も打ち出せますし、自社に足りていない点は何か、あるいは強みとなる点はどこなのかなど、多角的な分析も可能です。

     
まとめ
 

Googleのリスティング広告にて、変化の要因の確認をすることで、なぜ変化したのかを把握できます。把握することで、では何をすべきなのかという次の一手を打ち出すこともできますし、こまめにチェックすることで、何をすると増えて、何をすると下がるのかもある程度分かってくることでしょう。その分析を元に、より効率の良い広告展開を可能にします。使い方そのものも決して難しいものではないだけに、より良い広告運営をと考えているのであれば、是非ともチェックしておきたい機能の一つと考えてよいでしょう。


ブレイク・フィールド社の
強み

ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。
運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。

また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。


リスティング広告のメリット

BLOG TOP

資料請求・お問い合わせ