BLOG

ブログ

お役立ち

2021.06.25

Facebook広告は配置ごとのアセットカスタマイズ機能でどこまでカスタマイズできるのか



Facebook広告はさまざまな配置での配信が可能です。しかし配置によっては、見出しが表示されなかったり、アスペクト比が合わなかったりという問題があります。だからといって、配信先を固定していると可能性が狭まります。 今回は配置ごとのアセットカスタマイズ機能を使って、簡単にカスタマイズできる方法を紹介します。カスタマイズする方法を知って、さらに効果的にFacebook広告を利用していきましょう。

配置ごとのアセットカスタマイズとは?
 

Facebook広告はFacebookだけではなく、InstagramやAudience Network、Messengerに掲載されますが、それぞれのページの配置に合わせてアセットを修正することが必要です。アセットとは、広告に使用される画像や動画、テキスト、リンク先URLなどです。 配置ごとのアセットカスタマイズを利用すれば、ターゲットやベストプラクティスに合わせて広告がカスタマイズされます。例えば、Facebookに掲載時はプラクティスな商品画像、Instagramではイメージを伝えられるブランド画像というように変更をします。またテキストの長さもInstagramのストーリーズでは短めにするといった変更も可能です。 そのため、広告の位置を固定せずさまざまな場所に掲載できるようになります。

ごとのアセットカスタマイズを使用するシーン

配置のアセットカスタマイズをどのようなシーンで使用して広告を編集するのかを具体的に見ていきましょう。

配置ごとにカスタマイズする
   

Facebookだけでも、ニュースフィード、インストリーム動画、Marketplace、グループフィード、動画フィード、ストーリーズ、インスタント記事、右側広告枠といった配置があります。Instagram、Messenger 受信箱、Audience Networkなども含め、まんべんなくカスタマイズすることで可能性が広がります。 文字数や目的、リンクなども配置ごとのターゲットを確認しながらカスタマイズしていきましょう。またカスタマイズした広告がどのように見えるのかを、デバイスごとに確認することも必要です。 特に、FacebookとInstagramでは近年ストーリーズの利用が倍増しています。15秒以内の短めの動画をアップすると視聴される可能性が増えます。Instagramのストーリーズでは短めのテキストを入れるなどの工夫も効果的です。 カスタマイズは広告の広告設定]にアクセスし、編集したい配置やグループを選び編集します。画像等の変更、切り取り、テキスト、リンクの変更が可能です。編集した広告はプレビューで確認しておきましょう。      

配置のカスタマイズにフィットするクリエイティブツール

  広告が表示される場所のことを配置といいます。配置のアセットカスタマイズによって、フィード、ストーリーズ、インストリーム動画など、使用できるすべての配置で、広告クリエイティブを最適化できます。

メディアによって広告クリエイティブを最適化
   

広告クリエイティブの配置をカスタマイズすることで、各配置のクリエイティブのベストプラクティスを、自分の広告に適用できます。広告クリエイティブのアスペクト比を変更してそれぞれの配置に合わせたり、個別の配置を編集したり、既存の投稿に合わせて広告をカスタマイズできます。 Facebook広告ではそれぞれの配置で、推奨されているアスペクト比がありますので、それに従って設定しておきましょう。

テキストで目的を達成
   

テキストはやはり具体的に相手に伝えられるツールです。メインテキストは文字数125文字以下にまとめることが推奨されています。もちろんもっと長い文章も挿入可能です。しかしデザイン的な問題もあり、長く書いても読まれない可能性があります。 125文字というと少ないように感じるかもしれませんが、Twitterが140文字ということを考えると十分な文字数です。  見出しは、コールトゥボタンは見出しの横に表示されるので見出しを利用してアクションを誘引できます。 キャプションを利用して動画広告に字幕を入れることも可能です。無意識に読み取るので効果が上がります。      

ストーリーズ広告を効果的に
   

InstagramでもFacebookでもストーリーズが人気です。配置ごとのアセットカスタマイズを利用すれば、ストーリーズを効果的に編集できます。ストーリーズ用ではない横長の画像をGIFスタンプや文字入力を使ったストーリー広告にして、9:16のアスペクト比の画面に合わせて配信するのも有効です。Instagramのストーリーズならアンケートを追加することもできます。     

配置アセットのカスタマイズする際の問題点

広告には「目的」を設定してコンバージョンを増やしていきますが、残念ながら一部の目的が設定できません。例えば、Facebookページへの「いいね」やアプリのインストールなどです。 また複数の画像を並べてカタログのような効果が期待できる「コレクション」のフォーマットも利用できません。その他コールトゥアクションボタンの中には表示できないものがあることも知っておきましょう。 配置アセットのカスタマイズでは、まだできない状態にあるものが少なくありません。何ができないのかを熟知して、カスタマイズする必要があります。   配置アセットのカスタマイズを利用すれば、広範囲のカスタマイズが可能です。ただしあまり複雑な設定をしていくと、運用が複雑化し設定に誤ちが増えてしまい思うような効果が出にくくなる可能性があります。 運用がスムーズにでき、分析して改良できる範囲でのカスタマイズにとどめておきましょう。それ以上のことをしたい場合は、広告代理店等のプロに任せた方が時間が節約でき効果も期待できるでしょう。
     
まとめ
 

アセットカスタマイズ機能について紹介しました。カスタマイズすれば配信先によって適切な訴求を行うので、より効果的にターゲットの心をつかめます。 しかしあまり複雑にカスタマイズしすぎると、運営の面で負担が増えることになるので注意が必要です。最低限何をしたいのかを絞って、カスタマイズをしていきましょう。さらに効果的に利用したい場合は、プロに運営を任せるのもひとつの方法です。


ブレイク・フィールド社へのご相談はこちら ▶

ブレイク・フィールド社の
強み

ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。
運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。

また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。


リスティング広告のメリット

BLOG TOP

資料請求・お問い合わせ