BLOG

ブログ

お役立ち

2021.03.18

【Facebook広告】広告上限数の注意点を解説



Facebook広告の規定が2021年に入ってから変更があります。
予算によってFacebookページごとに広告数の上限を設定することになりました。
Facebook広告を作成する上でどのような変化があるのでしょうか?
変更以降もFacebook広告が効果を上げるために対策を立てなくてはいけません。

対策のためには広告数の上限について知る必要があります。
今回は広告数上限が設定された理由や、上限に達したら場合の対策などを解説しますので参考にしてください。

広告数の上限について

広告数に上限を設定するといっても具体的にどのような変化や影響があるのかわかりづらいです。

広告数に上限を置く理由

Facebook広告ではコンバージョンを最適化していくとだんだんとターゲットを的確に選び、最も効果的な表示をし始めます。
その結果、予算を最小限に絞り込むことが可能です。
しかし最適化のためには、十分にコンバージョンを実現する必要があります。
配信する広告が多くなりすぎると蓄積するデータが少なくなり、いつまで経っても最適化できません。

このように予算が適切な運用をされないというケースを回避するために広告数に上限を置くことになったのです。

広告費ごとの広告数の上限は?

広告費の規模によって広告数の上限は決まります。広告費の規模は4段階に分かれています。それぞれの上限数を表にしましたのでご確認ください。



広告費は、提出した予算額ではなく支出が決定した過去12ヶ月で最高に達した額によります。

上限に達すると新しい広告をアップできなくなります。

広告数が上限に達したら

最小規模の場合でも上限の広告数は250です。
そのため広告セットを細分化していなければ、上限に達してしまうことはあまり考えられません。
しかし、万が一上限に達してしまった場合にどのように対応すべきかを解説します。

広告数のカウント方法

広告数はFacebookページに掲載されている広告と審査中の広告の合計です。
ダイナミッククリエイティブ広告などは、クリエイティブが複数でも1つとして数えられます。
パフォーマンスが悪い広告は表示回数がほとんどなくても数えられますから、オフにした方が良いでしょう。

広告数の確認方法

ビジネスマネージャで広告数の上限を確認可能です。
広告数が上限の8割を越えると、ビジネスマネージャのメニューで「ページごとの広告上限」から広告数をカットする方法も見られます。

上限に達した場合のトラブル

上限に達してしまうと、すでにアップしている広告を編集したり、新しい広告を追加できなくなります。
掲載されなくなることはありませんが、状況によってより訴求力のある広告に変更できません。

広告数をコントロールする方法

広告数が上限にならないように、コントロールすることが必要です。
ビジネスマネージャを開いて広告数が限度数の8割になっていたら、広告をまとめたり、除去するなどの方法を取っていきましょう。

商品数が多い場合は?

商品が多い場合は、ひとつ一つの商品を画像で紹介したいと思われるでしょう。
しかし商品ごとに広告を作っていると広告数が増えすぎてしまいます。
カタログタイプの広告がおすすめです。
スライドやカルーセル、コレクションなど複数の画像を配置できる広告を選び、1つの広告にまとめてしまいましょう。

広告を見直す

広告セットをチェックし、インプレッション回数が低い広告は停止してしまいましょう。
またパフォーマンスのチェックも必要です。
広告マネージャのフィルターで、パフォーマンスが悪い広告を停止します。
パフォーマンスが悪いとは、例えば結果が出た場合の単価が高い広告です。

Facebookページの追加すべき?

広告数の上限はFacebookページごとです。
そのため複数のビジネスをまとめて一つのFacebookページで配信すると広告数の上限に到達しやすくなります。
このような場合はFacebookページを追加し分けた方が最適化もうまくいくでしょう。

しかし単に上限に達しにくくするためだけに、Facebookページを追加することはおすすめできません。
管理するページが多すぎてうまくアナライズできなくなります。
本当に必要と判断した際にのみ、Facebookページを追加しましょう。

まとめ 

上限にまだまだ到達しなくても、最適化がスムーズになるように理想的な設計になっているかどうかのチェックは必要です。
不要な広告はどんどん取り除き、できるだけダイナミック広告などを利用し効率的な運営をしていきましょう。

ブレイク・フィールド社の
強み

ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。
運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。

また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。


リスティング広告のメリット

BLOG TOP

資料請求・お問い合わせ