BLOG

ブログ

お役立ち

2021.01.28

リスティング広告の「広告カスタマイザ」とは



広告カスタマイザとは、Google広告で使用できる機能です。
データフィードを使い、広告文や地域、日時などを動的に変化させることができます。
この機能を使えば、キーワードに合わせた広告を表示されることが可能です。

本記事では、広告カスタマイザの機能や活用方法などについてご紹介します。

広告カスタマイザとは

Google広告では、ユーザーが「何を検索しているか」「どんな端末を使っているか」「日付、時間帯、曜日はどこが多いか」などを確認することができます。
広告カスタマイザを利用して、そのユーザーの動きに合わせたテキスト広告の内容を調整することが可能です。
たとえば「〇〇時からセール開始!」などという広告に、時間がくれば自動的にセール価格などを表示させることができます。
動的に表示を変更することにより、ユーザーにマッチした広告を表示することができるようになります。

広告カスタマイザの設定方法

広告カスタマイザを利用するには、データフィードの作成と設定が必要です。
ここではその設定方法についてご紹介します。

データフィードの作成

広告化カスタマイザには、データを反映させる広告を指定する「ターゲット設定」と「属性の定義」を設定します。

・ターゲット設定
1. 広告カスタマイザにあるデータテンプレートに、ターゲットに設定したいユーザーの属性を入力します。
2. 不要な列を削除します。必要に応じて別のターゲット属性などを追加しましょう。

・属性の定義
1. 広告カスタマイザ内のデータテンプレートをダウンロードします。
2. カスタマイザで表示させたカスタム属性を定義づけします。
3. 必要があればスケジュール設定やデバイスごとの環境設定などを行います。

データフィードの設定

上記でデータフィードを作成すると、キャンペーンのテキスト広告のカスタマイザ設定が行えるようになります。
アップロードしたデータに含まれるテキストを表示したり、関数に含まれるテキストを表示させたりすることも可能です。

1. テキスト広告を作成する手順を行い最終ページでカスタマイザを追加します。
  追加の際には、「{=データセット名.属性名}」の形式を入力しましょう。

2. 広告カスタマイザとデータの属性が完全に一致しているかどうか確認します。
  カスタマイザによってテキストが文字数制限を超える場合がありますが、そのまま続行します。

3. 通常の手順を同じように広告を保存します。

4. カスタマイザを使用した広告が、カスタマイザを使用していない広告と同じグループに属していることが確認しましょう。
  同じグループに属していないと、Google広告を表示できないためです。

広告カスタマイザのメリット・デメリット

広告カスタマイザのメリットも多いですが、デメリットもあります。
ここではメリット・デメリットについてご紹介します。

メリット

・クリック率を上げられる
広告カスタマイザのメリットの一つが、クリック率を上げられることです。
ユーザーが検索したキーワードに合わせた広告を表示できるので、関心を引きやすくなるためです。
また1つの広告に何百ものパターンを用意することもできます。
これにより、ユーザーに合わせた広告を表示することができるでしょう。
さらにレポート機能を使用すれば、広告の文面を自動的に更新できます。

・低コストで配信できる
ユーザーのニーズに合わせた広告を表示させることにより、クリック率が高くなることが期待できます。
これにより広告順位が1位でなくとも、クリックを獲得できる可能性が高くなるでしょう。

デメリット

・データフィールド作成などに手間がかかる
デメリットとして考えられるのが、データフィードの作成や設定、変更などに手間や時間がかかることです。
項目をきちんと把握し、適した内容を入力しないと、なかなか思ったような効果がでないこともあるでしょう。
このため、広告の効果が出るまである程度の時間や手間がかかってしまうことが考えられます。

代理店の活用も考えよう

リスティング広告はユーザー獲得に効果的な方法ですが、広告運用はある程度の専門知識と運用コストがかかります。
そのため広告運用を専門に行う代理店の利用もおすすめです。
専門的な知識を持った代理店に頼むことで、リスティング広告の効果を最大限にすることができるでしょう。

代理店はそれぞれ得意分野があります。依頼する際には、自社の業界や市場についてのノウハウがあるか確認しておきましょう。
同じような業界の経験がない代理店だと思ったような効果が挙げられない可能性があります。
また実際に担当者の話をし、自社について理解を示してくれるか、適した広告方法を提示してくれるかなども確認しておきましょう。

まとめ 

広告カスタママイザを利用すれば、ユーザーごとに適したテキスト文面を表示させられるようになります。
よりユーザーに合った広告文を配信できれば、獲得率の向上が期待できます。
また広告運用に関して専門知識がないため、思ったような効果が上げられない場合は、代理店への依頼も考えてみてはいかがでしょうか。

ブレイク・フィールド社の
強み

ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。
運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。

また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。


リスティング広告のメリット

BLOG TOP

資料請求・お問い合わせ