BLOG

ブログ

お役立ち

2020.12.02

Facebook広告運用で抑えておきたい自動最適化のポイント




世界中で26億もの人が使っている※Facebookに広告を掲載するFacebook広告は、活用法次第で絶大な効果が得られる広告プロダクトです。
Facebookは実名登録のため、ターゲティングの精度が高い点もメリット。
自動最適化を正しく行えば、広告を見たユーザーの中から購買に繋がる可能性のあるユーザーに的確にアプローチをし、高い成果を出すことが可能です。

そこで今回は、Facebook広告で自動最適化をするための大切な2つのポイントを紹介します。

※2020年時点

Facebook広告はアクティブユーザーが多い

アクティブユーザーが多いために機械学習の精度が高いということが特徴です。
そのため、購入意欲のないユーザーではなく、興味を持ってクリックする有益なクリック数を増やすことも可能です。
どんなに注目を浴びる美しい広告でも、広告主の欲しいターゲットにアピールできなければ意味がありません。
確実に購買層になるターゲットを機械学習でセレクトし、認知を増やし貴社のサイトへの流入へと結びつきます。

モバイルでの利用者が多く、即効性があることも特徴。
「今」必要なものをクリックするという確率が高いということです。
つまりそのまま問い合わせや購入への流れを獲得します。

ポイント1:Facebook広告の機械学習は「広告セット」単位

Facebook広告の自動最適化のために大切なことはまず設定です。
どのような広告をなんのためにどのくらいの予算で運用するかを設定方法について解説します。


「広告セット」とは?

Facebook広告は、3つのパーツ: キャンペーン、広告セット、広告の3つで作られます。
広告セットとはリスティング広告などでいう「広告グループ」と同義です。
ターゲット層、予算、掲載期間などを設定できます。



コンバージョンウィンドウの設定

豊富なアクティブユーザーの中から特に可能性の高いユーザーをセレクトしていくには理想的な環境を作っていくことが大切です。
Facebook広告の機能の一つであるコンバージョンウィンドウの活用もおすすめです。
コンバージョンウィンドウの設定で広告の目的を明らかにします。
認知だけなのか、購買までなのか、それぞれの目的に合わせて設定が可能です。

<広告マネージャ>
「予算と掲載期間」を選び、1日の予算、コンバージョンまでの期間(1日または7日)を選べます。

<パワーエディタ>
パワーエディタでも広告マネジャと同様に、広告の期間を設定することが可能です。 

<設定値>
目的に応じて設定値を変更します。広告クリック後、コンバージョンまでの経過日数はあつかっているアイテムによって異なります。
1日と設定するとコンバージョンが活発になるように感じますが、7日と設定した場合の方がクリック後の平均購入単価が上がる傾向です。

成功はFacebook広告の「情報収集期間」による

Facebookの広告配信システムは、ネット上に表示されるたびにユーザーの反応を学習し、どのような背景で表示されるべきか、またどのようなユーザーの時に表示されると効果的かを少しずつ学んでいきます。
そのため、表示回数の増加とともにユーザーの種類や傾向、効果的なシーンを学習していきます。

Facebook広告の「情報収集期間」とは

Facebookの広告配信システムは、ネット上に表示されるたびにユーザーの反応を学習し、どのような背景で表示されるべきか、またどのようなユーザーの時に表示されると効果的かを少しずつ学んでいきます。
そのため、表示回数の増加とともにユーザーの種類や傾向、効果的なシーンを学習していきます。

Facebook広告の「情報収集期間」にしてはいけないこと

「プラットフォームの機械学習のアルゴリズムに寄り添う」ことがポイント。
人の手を介入するより、アルゴリズムに任せた方が機械学習がスムーズに行く場合が多い傾向です。

・終わるまでは広告セットを触らない
・終わった後も大々的な編集はしない
・広告の量は必要最低限に抑える
・予算を適正な金額にする

情報収集期間に編集をすると学習が最適に進まないケースがあります。
あまり結果が出ないと少し変えてみたくなりますが、そこはぐっと我慢して様子を見ることが大切です。
情報収集期間中のパフォーマンスが結果を表している訳ではありません。

また予算は最初から多すぎず少なすぎない金額をきちんと計算して置くことが大切です。
途中で予算を変更すると学習がリセットしてしまう可能性があります。



まとめ 

Facebook広告を自動最適化する上で大切なポイントを紹介しました。

・広告セットをコンバージョンウィンドウを使って設定する
・情報収集期間を静止することが大切

以上、この2点です。簡単そうですが、慣れていないと、始める前の設定の仕方が適切ではなかったり、ちゃんと設定しているのに設定を変えるべきではないかと心配になったりします。
確実にFacebook広告の自動最適化を測るにはやはりプロの代理店に任せた方が確実な成果を挙げられます。
自社運用の場合も、是非正しい配信手法を把握し、効果を実感してみてください。


ブレイク・フィールド社の
強み

ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。
運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。

また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。


リスティング広告のメリット

BLOG TOP

資料請求・お問い合わせ