BLOG

ブログ

お役立ち

2020.11.19

リスティング広告の自動最適化(機械学習)の重要なポイント

リスティング広告も進化しています。
特に近年のトレンドといえば自動最適化(機械学習)です。
特にGoogleの進歩は目覚ましいものがあり、驚くべき速度で自動最適化が進んでいます。
そのため、リスティング広告を考えた時、自動最適化に関してもポイントを抑えておく必要があります。
一方で、代理店に依頼することでポイントを抑える必要もなく、任せるだけで効果が期待できます。
ここでは自動最適化や代理店に関して様々な角度から解説しているのでご覧ください。




変更しなければならないポイント

リスティング広告、特にGoogleの自動最適化にあたっては、変更しなければならない点があります。
既にリスティング広告を出稿している場合、これらは当然意識しなければならない点なので覚えておきましょう。


コンバージョン・リマーケティングタグ

コンバージョンタグ・リマーケティングタグの設置は、自動最適化の活用では必須と言っても過言ではありません。
データを正確性のための最低条件と考えてよいでしょう。
そのため、コンバージョンタグとリマーケティングタグに関しては必ず設置しましょう。これらは自動最適化のための最低条件です。

広告文・広告表示オプション

Googleはキーワードに基く広告となっています。CV・CVRを参照するものの、基本的に広告文によっても最適化を図りますので、狙ったキーワードに基く広告文の設定、さらには広告表示オプションも重要です。
機械学習の場合、次第に情報が蓄積され、ユーザーの指向・傾向を理解しますが、そのためにもまずは広告文や広告表示オプションを正しく入稿しなければなりません。
目安としては広告文は最低でも3本、広告表示オプションはサイトリンク・コールアウトはそれぞれ8つ、構造化スニペットは2つのヘッダーに値を4つずつ入れることが推奨とされております。
また、これらを組み合わせて配信するレスポンジブ検索広告と併用することで、さらに効果を高めることが可能です。



アトリビューションモデル

自動最適化の場合、アトリビューションモデルを採用すると良いでしょう。
これまではラストクリック計測がコンバージョンの計測として一般的に用いられたものでした。
分かりやすい手法であることから、正確性も高かったのですが、一方ではアクセスまでのプロセス部分の数値化が難しいものでした。
その点アトリビューションモデルの場合、ライストクリックに至るまでに経由したサイトにポイントが付帯されることで、アクセスの際の貢献度まで理解できます。
自動最適化の場合、アトリビューションモデルの方が親和性と発展性が高いので、こちらを採用した方が良いでしょう。

スマート自動入札の導入

リスティング広告における自動最適化はコンバージョン数の最大化や目標コンバージョン単価などのスマート自動入札が効果的です。
これらを設定することで、蓄積されたデータから最適解を見つけ、効果の最大化が期待できます。

代理店に依頼した方が良い理由

リスティング広告、特に自動最適化に関してはやはり代理店に依頼した方が良いでしょう。
その理由について、いくつか説明させていただきます。



ノウハウがあるのでポイントも抑えている

代理店はリスティング広告や自動最適化に関するノウハウを持っています。実績が豊富であればあるほど、ノウハウも豊富です。
そのため、リスティング広告を成功させるためのポイント、自動最適化に関して何が大切なのかなど、豊富なノウハウからそれぞれのニーズに応じた適切な方法を提案してくれることでしょう。
もちろん代理店もまた、様々ではありますが、実績豊富な代理店であれば、ノウハウも豊富であることが予想されるので、安心して任せることが可能です。



不完全な形で世に出てしまうリスクを防ぐ

リスティング広告にせよ自動最適化にせよ、自ら行うことも可能ではありますが、もしも何らかの不手際があった場合、不完全なものが世に出てしまうリスクがあります。
もしもですが、不完全なものが世に出てしまった場合、「上手く作動しない」だけではなく、会社・企業そのものの評判を落としかねません。
設定が上手くされていないリスティング広告を見たユーザーは、「ちょっとした設定もできない会社」と判断することでしょう。
代理店に依頼し、しっかりと設定してもらうことで、このようなリスクを回避できる点は、大きなメリットと考えて良いでしょう。

ニーズに合致した形での運用を可能にする

リスティング広告の目的もまた、様々なのではないでしょうか。
売上・集客アップは大前提ですが、予算もそれぞれ異なりますし、リスティング広告がメインなのか、あるいは選択肢の一つなのかによってもまた、避けるリソースが変わることでしょう。
代理店に依頼する場合、それらを伝えることで自社にとって都合の良い形での運用を可能にします。
ニーズをしっかりと汲み取ってのリスティング広告となりますので、自社で行うよりも、より正確な運用が可能になります。

まとめ 

リスティング広告、そして自動最適化についてをお伝えしました。
これからの時代、自動最適化はさらに大きな存在感となるであろうことが予想されています。
リスティング広告にとっても決して他人事ではありません。
だからこそ、早い段階から対策を取ることが大切ですが、自らで行うとなればミスしてしまう可能性もあります。
それらを踏まえると、代理店に依頼し、「確実に」運用してもらった方が自社の評判低下リスクなども回避できますし、ノウハウに基く運用から、効果の最大化が見込めます。
このように、様々な点を考慮するとリスティング広告や自動最適化に関しては代理店に依頼した方がよいでしょう。


ブレイク・フィールド社の
強み

ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。
運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。

また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。


リスティング広告のメリット

BLOG TOP

資料請求・お問い合わせ