BLOG

ブログ

お役立ち

2020.07.13

【運用者必見】「ロジックツリー」を活用した広告運用における考え方

今回は広告運用を行う上で重要な考え方を、「ロジックツリー」を用いてご説明します。

日々の運用で以下のような課題にぶつかることはないでしょうか。

「CPA(獲得単価)を下げたい」
「CV数を増やしたい」

そんな時に、どこに注目し、どんな施策を打つべきなのかを明確化することが重要になります。

例えば、リスティング広告のCPAを下げるための考え方をロジックツリーで表すと、このような形になります。





CPAを下げるには「広告費を減らす」「CV数を増やす」の2つの選択肢があります。
広告費を減らしてしまうと、効率的な配信ができる可能性がある反面、
当然CV数も減ってしまうため、あまり好ましくありません。
ですので、この場合はCVを増やす方針で考えてみます。

CVを増やすためには「CVRを上げる」「クリック数を増やす」の2つの選択肢があります。
それではCVRを上げるためには?と深堀していくと、最終的に今どんな施策を打てば良いのかが明確になります。

広告の運用は一見複雑そうに見えますが、こうして整理してみるとシンプルです。
今、課題になっている指標をロジックツリーに当てはめて、正しい対策を打つことで、パフォーマンス改善が見込めます。

上記表は一例で、様々な考え方や対応策がありますので、
自社の広告配信状況やランディングページなどの状況に合わせて、是非一度考えてみてください。

ブレイク・フィールド社の
強み
ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。
運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。

また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。


リスティング広告のメリット

BLOG TOP

資料請求・お問い合わせ