BLOG

ブログ

お役立ち

2020.07.13

WEB広告メニューの種類

WEB広告のメニューには様々な種類がございます。
今回はマーケティングファネル別に分類してメニューのご紹介をさせて頂きます。






マーケティングファネル別メニュー分類

以下マーケティングファネルは、上に行くほど貴社サービスの購入・申込意欲が高いユーザー層です。
それぞれのユーザー層に最適な広告手法を活用することが重要となります。





検索連動型広告(リスティング)

主に顕在層に向けた広告手法となります。
ユーザーが検索したキーワードに合わせて広告を掲載することが可能です。



◆ポイント
・数あるWEB広告の中でも、費用対効果が高い広告で、一番最初に実施することを推奨
・具体的なユーザーのニーズに合わせて広告を表示できるため、購入意欲の高いユーザーにアプローチできる


リターゲティング

主に顕在層に向けた広告手法となります。
一度、ランディングページに訪れたことのあるユーザーへ再度広告表示ができます。




◆ポイント
・一度サービスページへ訪れている為、興味度が高い
・購入・申込に至らなかった接触ユーザーへの再アプローチが可能


サーチターゲティング

主に顕在層に向けた広告手法となります。
Yahoo!、Googleの検索データを活用し、該当のキーワードを検索したことがあるユーザーへディスプレイ広告を配信できます。




◆ポイント
・任意の検索キーワードを指定可能
・絞り込んだキーワードでのターゲティングが可能なので、興味度が高い
・直近で検索したユーザーのみをターゲティング


類似ターゲティング

主に準顕在層に向けた広告手法となります。
媒体データ累積したビッグデータを元に、「商品購入」をしたユーザーに属性や行動が類似したユーザーをターゲティングし、ディスプレイ広告を配信できます。




◆ポイント
・学習データが豊富なほど類似精度が高い


インタレストターゲティング

主に潜在層に向けた広告手法となります。
媒体が保有するデータ(閲覧情報、検索履歴 など)を用いて、各媒体のロジックで興味関心層を割り出してターゲティングいたします。




◆ポイント
・各媒体の任意でカテゴリ分別されており、若干ターゲティングの精度は下がる
・リターゲティング、サーチターゲティングなどよりもリーチは広い為、取りこぼしているユーザーへの接触が可能


デモグラフィックターゲティング

主にマーケティングファネル最下層に向けた広告手法となります。
媒体が保有するデータ(閲覧、検索 など)を用いて、性別・年齢を割り出してターゲティングできます。




◆ポイント
・ターゲットとなる年齢、性別に対して幅広くリーチすることが可能
・ターゲティングを細かく区切らない分、 他のターゲティングと比べて、1人のユーザーに対して低い金額で配信が可能


まとめ

以上が主なターゲティング・広告手法になります。
顕在層を効率よく刈り取ることも重要ですが、ファネルの下層から見込顧客に引き上げ、
更には顧客にするためのナーチャリング(育成)をすることが重要です。
ブレイク・フィールド社の
強み

ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。
運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。

また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。


リスティング広告のメリット

BLOG TOP

資料請求・お問い合わせ