BLOG

ブログ

お役立ち

2020.07.13

なぜリスティングで指名系のワードを購入する?

「社名やサービス名で検索された場合、自社サイトは自然検索が表示されるので、
リスティングでわざわざキーワードを買う必要がないのでは?」
といったお考えのマーケティング担当の方も多いのではないでしょうか。

実はそんなことはございません。
本記事ではリスティング広告で指名系ワードを買うメリットについて説明いたします。






1.競合他社の広告が自然検索より上部に表示される可能性

社名やサービス名で検索すると、競合他社のリスティング広告が表示されることはないでしょうか。
競合他社にキーワードを買われている場合、自然検索より上部に表示されるため、
せっかく指名検索をしてくれたユーザーがいても、他社サービスに流れてしまう可能性があります。





2.リンク先の自由な設定が可能

自然検索された際表示されるサイトリンクは、自動選定されるため、希望するページのリンク先を設定することはできません。
一方リスティングは、広告表示オプションと呼ばれる機能を使用することで、
何種類もの遷移先を自由に設定することが可能です。





3.ブランドの好感度向上や理解を促進することができる

自然検索での表示のみと、自然検索に加えてリスティング広告が表示された場合で そのサービスやブランドに対する理解等を比較したところ、
圧倒的に後者の方が高いとの見解もあります。

また、イメージの向上のみならず、購買意向の向上まで期待できます。




まとめ

以上の理由により、指名系のキーワードでリスティング広告を表示させることには、
とても重要な意味が込められております。

是非、キーワードを選定される際にご参考頂ければと思います。
ブレイク・フィールド社の
強み

ブレイク・フィールド社のアカウントプランナーはヒアリングを重ね、貴社の目的にあったアカウント設計をご提案します。
運用の際も、最新の最適化機能を駆使し、分析・改善からレポーティングまで一貫してサポート致します。

また、自社メディアで年間10億円以上の広告出稿を行い、運用ノウハウを蓄積しております。
メディア事業の出稿実績やノウハウを用いて、貴社がご出稿されるWEB広告でパフォーマンス最大化のお手伝いをさせていただきます。


リスティング広告のメリット

BLOG TOP

資料請求・お問い合わせ