ブレイク・フィールド社で活躍中の社員をご紹介!

新しい”商品”をどんどん生み出せるような
環境にしていきたい

企画部 クリエイティブディレクター

自分の個性を発揮できる職場かどうか、自分が成長できる環境かが基準にした就職活動

就活時はほとんどデザイン職に絞って、就活していました。企業を選択する上で企業の大小にかか わらず、自分の個性を発揮できる職場かどうか、自分が成長できる環境かどうかということを基準 にしていました。
ブレイク・フィールド社に入社しようと思ったきっかけはいくつかあるのですが、その中で「ブレ イク・フィールド社」という社名を見たときに、自分の名前にも「拓」という文字が入っていて、 私の親が「何かで開拓者になれるような男になってほしい」という思いを込めてつけたと言ってい たのを思い出し、運命を感じました。また、ブレイク・フィールド社の9つのスピリッツの中に「 プラス受信」という項目があり、これは自分が今までの人生で心がけてきたことだったので、考え 方の部分でも共感できるところがあったのが決め手になりました。

WEBの知識なんてほとんどなく、
内定がもらえたときは正直やっていけるのかと不安の方が大きかった

ブレイク・フィールド社には、WEBデザイナーとして入社しましたが、大学では工業デザインを学 んでおり、スピーカーなどをデザイン・制作していました。ですので、WEBの知識はほとんどなく、 内定がいただいたときは、正直やっていけるのかと不安の方が大きかったのを覚えています。 そんな私でしたが、先輩方にサポートしてもらい、WEBデザイナーとしてやっていけるようになり ました。ブレイク・フィールド社の方たちは、本当に皆さん良い方ばかりなので、環境的にも相当 恵まれているなと感じています。

入社1年目の頃は、一日でも早く戦力になれるように必死に勉強し、ひたすらバナーやWEBサイト のデザインをしていました。WEB広告に関わる、デザインの良いところでもあり怖いところでもあ るのですが、”自分がつくったサイトやバナーなどが「良い」か「悪い」かが、数字としてはっきり してしまう”という点です。その点は、凄くシビアだなと感じました。

また、自分やクライアント様がどんなに良いと思ったデザインでも、実際に配信し効果が良くなか った場合、そのデザインは「悪い」とはっきり結果がでるのが、この業界の怖いところです。 学生時代は、直感で自分が良いと思うデザインをしていたので、WEB広告業界のデザインは数字を 基にし、論理的に構築していく点が学生時代と一番ギャップを感じたところですね。

研究職のようなところもWEBデザインの面白いところ 

現在はクリエイティブディレクターとして、ディレクション業務が主になっています。 入社3年目ぐらいから営業の方とクライアント様のところに動向させてもらえるようになりました。 もともと、人とコミュニケーションをとるが好きだったので、クライアント様と直接コミュニケー ションをとれるようになったのは、嬉しかったです。

現在でも、もちろん自分でデザインすることはありますが、多くは、私が制作案件の責任者として、 新しいクリエイティブや既存サイトの改善をクライアント様に提案するなど、案件の設計・構築の 部分に携わっています。

先ほども話しましたが、自分が作ったデザインが、「良い」か「悪い」かが数字として出るので、 積み重ねてきたノウハウを活かして、制作したデザインの効果が良いときには、大きな達成感を感 じます。また、そういったノウハウが貯まれば貯まるほど、この業界では、より勝てるデザインと いうのが解ってくるので、そんな研究職のようなところもWEB広告デザインの面白いところだと思 います。

さらに、効果が良ければクライアント様からも評価をいただくことができ、「次もブレイク・フィ ールド社に」と継続して案件を任せてもえらえるようになります。私も、あるクライアント様から そういった評価をいただき、大きなキャンペーンのコンペに出させていただく機会がありました。 体力的にもなかなか大変な案件でしたが、案件を勝ち取ることができた時には、今までにはない達 成感がありました。

新しい”商品”をどんどん生み出せるような環境にしていきたい

私が今目標にしているのが、クリエイティブの分野で新しいサービスを構築し、ブレイク・フィー ルド社の新しい”商品”と呼べるものに作り上げていくことです。

まだ道半ばですが、今期中にはどうにかカタチにしてクライアント様に、より満足していただける ように頑張っています。そして、そのサービスが業界で認知され、クリエイティブの価値がもっと 高めていきたいと思っています。

その先の目標としては、ブレイク・フィールド社はクリエイターの人数が多くはないので、このサ ービスを拡大させ、クリエイターの人数を増やし、また新しい”商品”をどんどん生み出せるような 環境にしていきたいですね。

HOME > 社員インタビュー > 企画部 クリエイティブディレクター

Copyright(c) Break Field Co.,Ltd All Rights Reserved.