Recruiting Site

INTERVIEW

人物画像

入社してから3年後以降の
ビジョンが見えていた

2015年入社

クリエイティブマネージャー

入社してから3年後以降のビジョンが見えていた

私は元々企画から関わることができるクリエイティブ系の仕事に就きたいと考えていたので、営業系ではなくクリエイターの採用に応募し面接を受けました。いくつか他にも会社を受けていましたが、その中でブレイクに決めた理由は2つあります。
1つ目は面接を受けていく中で、社員の方や会社の雰囲気が良いのが伝わってきたこと。2つ目は入社してから3年後以降のビジョンが見えていたことです。面接のときにゆくゆくはクリエイティブディレクターとしてやっていってほしいと言われたこともあり、どのように今後していくかを明確につかむことができ非常に助かりました。

この仕事の一番のポイントは『数字で良し悪しがわかること』

現在の仕事は営業さんが担当しているクライアントのクリエイティブ制作やそのディレクションになります。
具体的には、広告で使用するバナー、ランディングページ(LP)の制作とそれらをより良いものにしていくための、分析や改善提案です。
大きいクライアントになってくると分析や改善提案を中心に行うようになり、提案の訪問に同行することもあります。この仕事の一番のポイントは『数字で良し悪しがわかること』です。自分が制作したものの効果を数字で把握できるという特長を持つ、ある意味一般的なデザイン系の仕事よりもやりがいを感じやすい仕事でもあります。
そんな中で大切にしているのは、「常に数字を意識し、自分が作ったものには必ず理屈をつける」、「常に流行を把握しておく」ということです。この2つを常に意識していくことで、かっこいい、ではなく効果のあるクリエイティブを提供できると考えています。

"クリエイティブ"の方面から売上に直接貢献することも

「ブレイクのクリエイティブは良い、とクライアントに言われた」と営業さんに教えてもらったときにこの仕事のやりがいを感じます。また制作は裏方のイメージがあると思いますが、そんなことはありません。がっつり入り込んでいる既存クライアントに対してクリエイティブの提案で大型メニューのリプレイスを取ったこともあります。広告メニューの提案だけでなく、"クリエイティブ"の方面から売上に直接貢献することもできます。今後は、クリエイティブ方面から提案できる新しい商品を作っていきたいです。

自分の仕事の幅や領域を広げるには、自分から取りにいく

会社に入れば突っ立ってても仕事をもらえる、私も大学生の時はそう思っていました。もちろん仕事はある、ただ自分の仕事の幅や領域を広げるには、自分から取りにいく必要があります。この会社はそれを実務の中で教えてくれました。そのお蔭で、クリエイティブという曖昧な業種の中で自分で数字を立て、広げる経験ができています。広い視野を持って自分のキャリアを上げていきたいという人、おすすめです!

※所属、業務内容は取材時時点の内容となります。

ENTRY