Recruiting Site

INTERVIEW

人物画像

広告主にも消費者にも
多方面に喜んでもらえるような仕事

2009年入社

アカウントマネージャー

広告主にも消費者にも多方面に喜んでもらえるような仕事

私は、もともと広告代理店という仕事に就きたいと考えており、それを軸に就活をしていました。 広告という媒介を通じ、商品やサービスの良さを消費者に伝えることで、広告主にも消費者にも多方面に喜んでもらえるような仕事をしたいと思ったためです。
その数ある広告代理店の中でこの会社を選んだ理由は、『9つのスピリッツ』に共感したからです。
主な考え方は、「前向きに何事もプラスにとらえ、誠実に謙虚にという姿勢を持つ」という考えなのですが、私が人生を生きていく中での考え方と似ていたので、この会社で働けば、スキルも精神的にも成長できると思いました。

気を付けているのが、"信頼"をクライアントから得るという点

現在は大手クライアントに対して営業活動を行っています。
その際に気を付けているのが、""信頼""をクライアントから得るという点です。
クライアントからしてみれば、会社の命運を握っている広告予算の一部を預けるわけですから、私自身もそれ相当の努力と情熱を注がなくてはなりません。
信頼を得るために意識していることは、スピードを持って対応すること、
クライアントの気持ちになって提案をするよう心がけています。

提案した広告に関わる全ての人に喜ばれるような広告を出す

今後の目標は、私が提案した広告に関わる全ての人に喜ばれるような広告を出すことです。
広告を出稿してくれるクライアント様はもちろんのこと、その広告の出し先である媒体、その広告をみて良さが伝わり、購入やサービス利用をしてくれる消費者の方、さらには自社。
そんな広告が出すことができるよう、日々の業務を邁進していきます。

その中にいるイメージができる会社があなたにとって良い会社

いつも仕事をしていて思うのは、一緒に働く仲間がいかに重要かということです。仕事だから、楽なことばかりではなく、きついことやつらいこともあります。そんな時に、周りに助けてくれる人や、一緒に盛り上がれる人がいるとかなり救われます。就職活動を進めていく上でその会社の社風や働く先輩社員の人柄をみて、自分がその中にいるイメージができる会社があなたにとって良い会社だと思います。ブレイク・フィールド社があなたにとって、そんな会社であればうれしいです。

※所属、業務内容は取材時時点の内容となります。

ENTRY