Recruiting Site

INTERVIEW

人物画像

企業の大小に関わらず、
自分の個性を発揮できる職場かどうか

2010年入社

クリエイティブマネージャー

企業の大小に関わらず、自分の個性を発揮できる職場かどうか

就活時はほとんどデザイン職に絞って、就活していました。企業を選択する上で企業の大小にかかわらず、自分の個性を発揮できる職場かどうか、自分が成長できる環境かどうかということを基準にしていました。
ブレイク・フィールド社に入社しようと思ったきっかけはいくつかあるのですが、ブレイク・フィールド社の9つのスピリッツの中に「プラス受信」という項目があり、これは自分が今までの人生で心がけてきたことだったので、考え方の部分でも共感できるところがあったのが決め手になりました。

既存サイトの課題を抽出し、その改善策を提案

現在はクリエイティブグループのリーダーとして、会社全体のクリエイティブ案件をみています。その中でもメインの業務として、自社の比較サイトのクリエイティブ改善業務です。既存サイトの課題を抽出し、その改善策を提案しています。
意識していることとして、まず第一優先にクライアント・又は自社のクリエイティブにおいて、しっかりとクオリティを保つことは常に意識しています。これはチームの人達にも伝えています。
また、元々デザイナーとして入社したこともあり、プレイヤー気質が中々抜けなかったのですが、グループのリーダーになってからは、チームの人達がいか積極的に仕事に取り組んでくれるかを意識していて、後方支援の意識を持つようになりました。

制作したデザインの効果が良いときには、大きな達成感

この業界は、自分が作ったデザインが、「良い」か「悪い」かが数字として出るので、 積み重ねてきたノウハウを活かして、制作したデザインの効果が良いときには、大きな達成感を感じます。また、そういったノウハウが貯まれば貯まるほど、この業界では、より勝てるデザインというのが解ってくるので、そんなところもWEB広告デザインの面白いところだと思います。

知ろうと思っても、全てを知ることは正直難しい

この会社でやっていけるか…など、就活中はいろいろと悩むことも多いと思いますが、どんなに会社説明会や面接でその会社のことを知ろうと思っても、全てを知ることは正直難しいと思います。
自分が大事に思っていることをブラさず、何か迷いが生じたら「直感」を信じましょう!

※所属、業務内容は取材時時点の内容となります。

ENTRY